女性に大人気の職業|ネイリスト求人を探すコツ

転職を成功させるには

男性

応募書類で差をつける

転職を成功させるには、まずその第一歩として面接に呼ばれなければなりません。その面接に呼ばれるためには、書類審査をパスして採用しようとしている企業の方があなたに興味を持ってもらえるようにする必要があります。書類審査をパスするためには、ライバルよりも目を引く職務経歴書の準備が欠かせません。そこでその職務経歴書で差をつける書き方をするために、大切なポイントを紹介します。企業が職務経歴書から読み解こうとしているのは、まずあなたが「即戦力となるか」という点です。この点を上手くアピールできればライバルより一歩前に出ることになります。この点をアピールするには企業の応募要件や求めている経験などに即した内容の職務経歴書を用意していきます。営業職であればそれまでの売り上げといった実績や得意先との関係構築の方法などがあります。また、事務職でも事務能力をアピールする仕事上の経験やプロジェクトの内容などをまとめます。その際、なるべく客観的に見せるために数値化できるものについては数字で表すようにすると説得力が増すでしょう。次に企業が見ているのはあなたに即戦力となることを裏付ける専門知識やスキルがあるかどうかです。これは資格などを取得していればそれをアピールしてもいいですし、これまで受講した研修やセミナーなどについて記入しても結構です。面接に呼ばれた時でも説明できるように、取得した資格や研修がどのように実務に生きているのかという点や何故それが必要だったのかについても説明できるようにしておきましょう。さらに企業はあなたがその会社の組織を活性化させ、さらに発展させられる人物かどうかも見ています。これまでの経験の中で仕事を効率化させたり、社内の人間関係やつながりを上手く維持してきた点などをアピールします。社外の人脈やネットワークを構築した場合でも、それがこれまでの仕事で生きるものだった場合にはアピールします。